ご予約、ご相談お気軽に電話下さい。
TEL. 06-4306-3778

受付時間
HOME > ぎっくり腰

ぎっくり腰の治療は、東大阪市八戸ノ里のあきた鍼灸整骨院へ

icon_check 重たい物を持ち上げてぎっくり腰になった

icon_check 軽い動作なのに腰が痛くなった

icon_check くしゃみをしてぎっくり腰になった

icon_check 痛みで腰を伸ばせない

icon_check 起き上がる事が出来ないほど腰が痛い

 

ぎっくり腰について

ぎっくり腰の症状

魔女の一撃とも呼ばれるぎっくり腰の症状は?

ぎっくり腰とは、所謂“急性の腰痛”のことをいいます。

症状によっては動けないほどの激烈な痛みを呈する事もあり、ヨーロッパでは「魔女の一撃」と称されています。

ぎっくり腰と聞くと、このような強い痛みを思い浮かべますが、痛みはあるけれども動けるような比較的軽度なものから重度のものまで痛みの強度は様々です。

しかし、軽度な痛みであっても油断は禁物です。

その後の対処や過ごし方によっては悪化して痛みが強くなることも多々あります。

ぎっくり腰では下記のような症状があります。

【ぎっくり腰の症状】
動けない、歩行困難、腰を曲げられない、腰を伸ばせない、車の乗降が困難、布団から起き上がれない、寝返りをうてない、くしゃみや咳が腰に響いて痛む、座っているのもつらい、座ると立つのが困難 etc…

 

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の痛みの原因は?

重い物を持つなど腰部に極端に大きな負荷が掛かると起こる事は想像に難しくないですが、軽い負荷や動作でぎっくり腰を起こすケースも少なくありません。

例えば、軽い物を持った・くしゃみをした・少し体を傾けた等、腰を痛めるとは思わない様な軽い負荷や動作でもぎっくり腰を起こす事があります。

ぎっくり腰の原因の多くは筋肉にあるため、このようなことが起こります。

慢性的な腰痛に筋肉のトリガーポイントが関係するように、急性の腰痛にも筋肉のトリガーポイントが関係しています。

軽い負荷や動作が引き金となり、潜在していたトリガーポイントが急激に活性化し腰に痛みが現れます。

 

ぎっくり腰の痛みの出方

ぎっくり腰の大半は腰の筋肉に原因があり、その痛みの出方は大きく2つのパターンに分けられます。

1.急に痛くなる。

これは筋肉の損傷による痛みです。

例えば、物を持ってぎっくり腰になった。くしゃみをしてぎっくり腰になったなど。

これらは、筋肉の強い収縮の際に筋肉の線維が損傷を起こして痛みが出ます。

疲労の蓄積などで硬くなった筋肉は柔軟性に欠けるため、筋肉の収縮の際に硬い線維が伸びきることが出来ずに損傷を起こし、ぎっくり腰になります。

2.痛みが段々と強くなってくる。

これは筋肉のトリガーポイントによる痛みです。

例えば、最初は腰に痛みや違和感が少しある程度だったが、痛みが段々と強くなってくる。
寝る前は大丈夫だったのに、腰が痛くて起き上がる事が出来ないなど。

これらは、トリガーポイントの急激な活性化によるぎっくり腰です。

トリガーポイントの急激な活性化を起こす要因としては、疲労の蓄積や血行不良、冷え、ストレスなどが挙げられます。

 

ぎっくり腰の対処法

無理して動かない。

急に痛みが出た直後はあまり無理して動かないようにしましょう。

「この程度なら…。」と痛みを我慢して活動すると、最初は軽い痛みでも後々に痛みがより強くなることがあります。

出来るだけ早めに治療を受けましょう。

“ぎっくり腰はクセになる”このような事を聞いたことはありませんか?

ぎっくり腰になった後、患部に治療を施さずにいると、再度痛みが出やすい傾向があり、慢性的な腰痛の元にもなります。

ぎっくり腰は安静にしていると、ある程度は痛みが鎮まってくる症状です。

しかし、安静にして痛みが鎮まっても、痛めた局所の状態はあまり良くなっていないので、再び痛みが出る可能性があります。

動けないほどの痛みの時は安静にし、動ける程度まで痛みが鎮まってからでも遅くはないので治療を受けましょう。

治療には、鍼灸治療をおすすめします。

マッサージ等で強く揉んでしまうと、ぎっくり腰の症状が悪化することがありますので注意が必要です。

痛みが鎮まるまでお酒は控えましょう。

アルコールは痛みを増強させます。ぎっくり腰が治るまでお酒は我慢しましょう。

長湯はやめましょう。

急性の症状で患部を温めるのは、火に油を注ぐ様なもので、痛みがより強くなる場合があります。

入浴時はシャワーにして、浴槽で長湯をしないようにしましょう。

 

当院のぎっくり腰治療

ぎっくり腰の原因筋を的確に治療

ぎっくり腰の症状を改善するには、痛みの出ている筋肉の状態を回復させる事が大切です。

一口にぎっくり腰と言っても、腰部には様々な筋肉があり、痛めている箇所も人によって様々です。

痛みの原因となっている筋肉のトリガーポイントに的確にアプローチし、ぎっくり腰の早期改善を目指します。

ぎっくり腰の鍼灸治療

ぎっくり腰の原因が深層筋であることも多く、鍼治療は深部への直接的な治療が可能です。

鍼灸治療は、ぎっくり腰の原因となっている深層のトリガーポイントに直接的にアプローチし、痛めている筋肉の回復を促進します。

 

患者さまの喜びの声

患者さまの写真
【痛かったのがウソのようです】

引越しの作業で重い荷物を持ち上げた時に腰に激痛が走り、瞬間的にぎっくり腰をやってしまったと思いました。

妻が以前こちらでお世話になっていたので、秋田先生に治療をお願いしました。

腰が何とも表現できないほど痛くて歩くのも非常につらかったのですが、治療をしてもらったら、あれだけ痛かったのがウソのように、帰りは本当に楽に歩くことができました。

(東大阪市 S様)

ライン 患者さまの写真
【起き上がれるようになりました】

朝目が覚めると腰が痛く、起き上がることが出来ませんでした。

痛みで腰を伸ばすこともできなかったのですが、鍼治療を受けたら痛みが取れ、腰も伸ばせるようになりました。

今では、毎朝すっと起き上がれています。

(東大阪市 I様)

ライン

ぎっくり腰で靴下も履けなかったTさんは・・・

【鍼灸治療が良く効きました】

ぎっくり腰でうかがいました。

初めての鍼治療にも最初にきっちり説明していただき、安心して受ける事が出来ました。

私には治療が合っていて良く効きました。

院内もキレイでリラックス出来良かったです。

(東大阪市 T様)

 

症例

ぎっくり腰、腰が伸ばせない(30代 女性)

動けないほどのぎっくり腰(40代 女性)

体を捻って痛くなったぎっくり腰(40代 男性)

 

アクセス

地図

【所在地】
東大阪市中小阪4-5-7 パークコート八戸ノ里

【受付時間】
午前 9:00~12:30
午後 15:00~19:00

【休院日】
日曜日・祝祭日

受付時間

 

ご予約、ご相談はコチラへ!

icon 電話番号06-4306-3778
ご予約、ご相談お気軽に電話下さい。

▲ページトップに戻る