ご予約、ご相談お気軽に電話下さい。
TEL. 06-4306-3778

受付時間
HOME > トリガーポイントについて

トリガーポイントとは?

腰痛や肩の痛みなどの症状の元となっているものがトリガーポイントです。

痛みの原因となる部分(引き金点)という意味から、トリガーポイントと呼ばれています。

トリガーポイントは主に筋肉や腱などに形成され、そこでは痛みを感じる神経が敏感になっています。(痛覚過敏部位)

そのため、トリガーポイントが形成されたところは発痛部位となり痛みなどの症状が現れます。

トリガーポイント化した筋肉のイメージ図

 

トリガーポイントと痛みの関係

トリガーポイント=真の疼痛部である。

真の疼痛部とは、痛みの原因となっている本当に痛い箇所ということです。

多くの方は“痛い所=悪いところ”と思われるかもしれませんが、実際の臨床ではそうではないケースが多々あります。

トリガーポイントの治療では、“本当に悪いところは痛みを感じている局所(自覚的疼痛部)ではなく、別のところに痛みの原因があるかもしれない”と考えます。

例えば、腕が痛かったとします。この時、腕で「痛い」と感じているのではなく、脳で「腕が痛い」と感じています。

でも、この腕の痛みの本当の所在は肩の筋肉であったりします。

この場合、肩の筋肉が腕の痛みのトリガーポイント(真の疼痛部)ということになります。(腕の痛みは肩のトリガーポイントから起きている関連痛)

つまり、本当は肩の筋肉が痛いのに脳が「腕が痛い」と位置を違えて感じてしまっているということです。(脳の誤認)

このように、発痛部位(トリガーポイント)と自覚的に痛いと感じる部位に“ズレ”が生じることもあります。

真の疼痛部と自覚的疼痛部

 

関連痛について

関連痛とは、痛みの原因のある部位ではなく他の部位に感じる痛みのことです。

これは痛みの伝達が、“神経→脊髄→脳”という経路を介する際に起こる現象です。

代表的な例では、心臓疾患での背中の痛みや肩こり感、肝臓や胆のう疾患での背中の痛み、腎臓疾患による腰の痛みなどが挙げられます。(内臓-体性反射)

トリガーポイントによる痛みも同じように、“神経→脊髄→脳”という経路を介して痛みの伝達が行われるため関連痛が生じます。

例えば、頭痛は首や肩の筋肉のトリガーポイントからきている痛みであることが多いです。

トリガーポイントと関連痛の図

 

トリガーポイントと脳のメカニズム

脳は知覚にいい加減である。

脳の感覚はとても曖昧で、痛みの局在をハッキリと認識することができません。

例えば、背中を蚊に刺されて痒みがあるとします。

この時「背中のこの辺りが痒い」とは感じますが、刺された箇所をピンポイントに認識することは出来ません。

刺された箇所に触れて初めて「そこそこ!」とピンポイントに認識することが出来ます。

トリガーポイントもこれと同じで触れて初めて「痛いのはそこ!」と感じることが出来ます。(認知覚)

このように、脳は目に見えない部分や特に深部の痛みでは、その位置感覚が曖昧になってしまうということがあります。

 

トリガーポイントによる症状

慢性的な腰痛や頭痛、肩の痛み、足や手の痛みの他、ぎっくり腰や首の寝違えなど急性の疼痛疾患にもトリガーポイントが深く関わっています。

また、トリガーポイントは自律神経にも影響を及ぼすので、めまいや不眠といった自律神経系の症状にも関係してきます。

トリガーポイントによる症状は急性から慢性のものまで様々です。

 

アクセス

地図

所在地 東大阪市中小阪4-5-7 パークコート八戸ノ里
電話番号 06-4306-3778
受付時間 9:00~12:30 / 15:00~19:00
休院日 日曜日、祝祭日
受付時間

 

ご予約、ご相談はコチラへ!

icon 電話番号06-4306-3778
ご予約、ご相談お気軽に電話下さい。

▲ページトップに戻る