ご予約、ご相談お気軽に電話下さい。
TEL. 06-4306-3778

受付時間
HOME > 顎関節症、顎の痛み

顎(あご)の症状でお悩みの方へ

icon_check 顎関節症で悩んでいる

icon_check 痛みで物が噛めない

icon_check 口を大きく開けると痛い

icon_check 顎がカクカクし、スムーズに動かない

icon_check 顎の関節で雑音、異音がする

 

顎関節症について

顎関節症の原因は?

顎関節症とは、開口時や咀嚼時の顎関節の痛み、関節の雑音や異音、開口障害などを主な症状とします。

顎関節症は、原因により5つの型に分類されます。

1型・・・咀嚼筋の障害によるもの
2型・・・関節包、靭帯の障害によるもの
3型・・・関節円板の障害によるもの
4型・・・関節の変形によるもの
5型・・・1~4型のいずれにも属さないもの

顎の痛みは、この1型によるものが多く、顎関節の運動に関係する咀嚼筋にその痛みの原因があります。

咀嚼筋とは、物を噛んだり口を開け閉めする時など、顎の関節を動かす時に使われる筋肉です。

この咀嚼筋の痛みにより、口を開ける時や物を噛む時に痛みが出ます。

その他、咀嚼筋が悪くなると関節の運動をスムーズに行うことができず、顎の関節部の雑音や引っ掛かりなどの症状にも関係してきます。

また、顎の痛みが首や肩のコリや頭痛の原因となることもあります。

 

当院の顎関節症治療

顎関節症の原因筋を的確に治療

顎関節症の症状を改善するには、痛みを出している咀嚼筋の状態を改善させる事が大切です。

痛みの原因となる咀嚼筋には4つの筋肉があり、トリガーポイントが存在する筋肉は個々により異なります。

原因となっている咀嚼筋のトリガーポイントに的確にアプローチし、症状の早期改善を目指します。

当院では、顎関節症の鍼治療を行っております。

顎関節症の原因が深層の咀嚼筋であることも多く、鍼治療ではその部分を直接治療することが可能です。

早めに治療を始める事が大切です。

顎関節症を放置していると、痛みが強くなり関節の運動に障害をきたすケースも少なくありません。

初期の段階で早めに治療を始めた方が、痛みが早く改善される傾向があります。

症状を悪化させないように、痛みを我慢せず早めに治療を始めましょう。

 

患者様の声

 

 

 

症例

口を開けると顎がカクカクする(20代 女性)

噛む時に顎が痛む(20代 男性)

 

当院について

地図

所在地 東大阪市中小阪4-5-7 パークコート八戸ノ里
アクセス 近鉄奈良線「八戸ノ里駅」から徒歩8分
電話番号 06-4306-3778
受付時間 9:00~12:30 / 15:00~19:00
休院日 日曜日、祝祭日
受付時間

 

ご予約、ご相談はコチラへ!

icon 電話番号06-4306-3778
ご予約、ご相談お気軽に電話下さい。

▲ページトップに戻る